スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャレンジマッチ見所

KCFAより

チャレンジマッチ 日本体育大学-拓殖大学
12月13日(土) アミノバイタルフィールド 13:30キックオフ

注目の初のチャレンジマッチを制するのはどちらのチームか

 TOP8第7位でチャレンジマッチに臨む日体大。リーグ最終戦は、タイブレークにもつれこんだ接戦であったが、惜しくも中央大に敗れた。チャレンジマッチに向けての課題は、3rdダウンコンバージョンの成功率、ドライブ力の向上だといえる。日体大のオフェンスは、QBというポジションでありながら、チーム内でのラッシング記録一位を保持している走れるQB#16辻が、中心を担っている。前節では、ドロープレーなども織り交ぜた、パス、ランともにバランスのとれた攻撃を見せた。また、ディフェンス陣も、要所でのパスカットや、ゴール前の粘りなど活躍を見せた。個々の能力の高さを活かして、TOP8に踏みとどまるのか。

 対して、BIG8からTOP8を目指すのは拓殖大。去年2部から1部への復帰を果たしたばかりで、躍進を見せている。最終節の7点差の接戦を制し、チャレンジマッチへの切符を手にした。オフェンスは、力強いランと要所でのパスで得点を重ねた。中でも最長44ヤード計126ヤードのパスレシーブ、2TDを記録したWR#11寺田の活躍が際立っていた。ディフェンスも、ロスタックルやパスカットを量産。また好パントなどで相手の攻撃を自陣深くからスタートさせるなど、流れを掴む好プレーが目立つ。勢いそのままチャレンジマッチを制し、念願のTOP8に進めるのか。

≪注目選手≫ 日本体育大学 1年 DL#41 松本海大(千葉日大一)
 1年生ながら、DLの要の選手となっている。QBサック第5位にランクインしているアグレッシブなディフェンスに期待が高まる。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rattlers

Author:rattlers
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。